ユキ

ユキのメモ:ゲームと柴犬が、大好きな社会人。ゲーム、ゲーミングデバイス、生活用品、車などのネタを幅広く書いています。

デバイス

PC38X ブラックカラーモデルレビュー 音質・定位感〇

海外通販サイト”DROP”で購入したPC38xが届いたので、使用感をレビューしていきたいと思います。

発送されてから到着までだいたい1か月ほどかかって、手元に届きました。
DROPでの購入方法はこちらの記事にまとめてあります。参考にして下さい。

DROP 購入の仕方 キーボード、ヘッドセットを格安で買える海外のサイトを紹介

続きを見る

今回レビューするブラックモデルではないですが、日本のAmazonにもPC38Xは売ってます。
イエローモデル(性能は同じ)になるので、ブラックが欲しい方は、DROPから直接購入するといいでしょう。

PC38Xとは?

ポイント

海外通販サイト”DROP”とドイツの音響機器メーカー”SENNHEISER”の最新コラボレーションヘッドセット
EPOS/SENNHEISERの「GSP500、600シリーズ」ヘッドセットと同型のドライバー採用。
装着感が好評だった、”GAME ONE”と同じ外装を使用。

 

仕様

ヘッドフォンの仕様

サイズ 開放型
型式 オーバーイヤー
ヘッドホンジャック 3.5mmジャック
ケーブルの特徴 ‎脱着式
接続方式 有線
オンボードメモリ あり
重量 253 g
重量(ケーブル付き) 290.5 g
周波数特性 10Hz〜30000Hz
感度 109 dB
インピーダンス 28Ω

 

マイクの仕様

マイクの周波数 50〜16,000 Hz
ノイズキャンセリング あり
感度 -38 dBV / PA

 

レビュー

開封

付属品

  • 2本の取り外し可能なケーブル
  • 2組のイヤパッド(メッシュとベロア)
  • トラベルポーチ
  • 2年間のメーカー保証

 

MIXAMP・使用感(APEX Legends)

音質・定位共にかなり良い感じの音で聞けます。
音の帯域はフラットで解像度が高い。
高音中・音低音のバランスがよく、音楽鑑賞や映画鑑賞に関してもかなり高いパフォーマンスを発揮。

MIXAMPに付属している、A40と比べると、音質が確実に向上。

開放型特有の音抜けはしっかりとしつつ、足音や銃声、アビリティなどの音を拾ってくれています。
A40より遠くの足音が聞こえ、漁夫への対応がしやすくなった印象。

ボリュームダイヤルがヘッドセットの側面にある。
これも便利で、私生活で声をかけられた時は、すぐに音量を下げたりすることが出来ます。

ただMIXAMPで使うには、オーバースペックなヘッドセットかなと感じます。

マイク音質

マイク音質かなり良い方だと思います。

ただノイキャンが効きすぎる場合があり、声がプツプツ途切れることもあります。
これはMIXAMPの設定などで改善ができます。

跳ね上げしきのマイクミュートも使いやすく、マイクのON/OFFが物理的(視覚的)に判断できるのはかなり高評価。

 

装着感

イアーパッドはベロア・メッシュ両方とも付け心地はとてもいい感じ。ベロアタイプの方が低音寄りのようです。

重量は軽いヘッドセットですが、側圧が少し強めな感じ。

A40と比べてみた感想です。

A40→付けてても頭が締め付けられる感じはなし。
PC38X→側圧が少し強めなので長時間ゲームプレイしていると耳周りが痛くなる可能性あるかも。

私が長くゲームプレイをしても3時間ほどなので、痛くなったりしません。
PC38Xは、頭のサイズが大きい人だと、あまり相性がよくないかもしれません。

 

まとめ

・開放型のヘッドセットが欲しい方なら、満足感がある仕上がりになっていると思います。

・音質もヘッドセットにしては、かなり良いのでRPG系ゲームでも使用可能。

・現在は、DROP直接購入しか入手方法がない・・・

-デバイス

© 2022 ユキのメモ Powered by AFFINGER5