ユキ

ユキのメモはゲームと柴犬が好きな一般人が自由気ままにゲーム、ゲーミングデバイス、生活用品、車などのネタを幅広く書いています。

キーボード デバイス

【キーボード】Apex Proよりも最速入力可能!? Wooting two HE ゲーミングキーボード

2021年6月21日

ゲーミングキーボードが多数商品ある中で値段は高いけど人気がある「SteelSeries Apex Pro

SteelSeries Apex Pro」は何故人気があるのか?
それは、作動点(アクチュエーションポイント)が0.4mm-3.6mm の間で調整可能だからです。
FPSのような0.1秒を競うようなゲームで少しでも優位性を高めるためにボタンを押すタイムラグを減らせるキーボードが今注目されています。

そんな「SteelSeries Apex Pro」よりもアクチュエーションポイントの反応速度が速いゲーミングキーボードがあります。
それが「Wooting two HE 」ゲーミングキーボードです。

Wooting two HE 」は特殊な機能があります。
アナログ入力機能とラピッドトリガーです。
アナログ入力・ラピッドトリガーはまた後で説明します。

Apex Pro と Wooting two HE 比較

Apex Pro

・キー配列 :US・JP 他多数
・作動点(アクチュエーションポイント) :0.4mm~3.6mm
・スイッチ押下圧 :45cN
・レスポンスタイム :0.7ms
・アナログ入力 :なし
・ラピッドトリガー :なし
・キースイッチ :OmniPoint Switch
・耐久性 :1億回のキープレス
・接続方法 :USB有線
・オンボードメモリ :あり
・ソフトウェア :あり
・価格 :25000~30000円ぐらい

 

Wooting two HE

・キー配列 :US 他多数
・作動点(アクチュエーションポイント) :0.1mm~4.0mm
・スイッチ押下圧 :60cN
・レスポンスタイム :1.0ms
・アナログ入力 :あり
・ラピッドトリガー :あり
・キースイッチ :Lekker Switch
・耐久性 :1億回のキープレス
・接続方法 :USB有線
・オンボードメモリ :あり
・ソフトウェア :あり
・価格 :25000円ぐらい

 

違いはアクチュエーションポイント・スイッチ押下圧・レスポンスタイム・キースイッチ・アナログ入力・ラピッドトリガーですね。

あと少しあげるなら
Wooting two HEは日本語配列がない。
テンキーレスモデルがない。
日本国内での販売がない。

 

Wooting two HE 機能説明

公式サイトWooting two HE

アナログムーブメント

キースイッチ :Lekker Switch
Lekker Switchの特徴

・ジョイスティックやトリガーボタンと同様に、ゲーム内の動きを段階的に制御します。
・車両の段階的な加速、ステアリング、キャラクターの動きがキーボードで実行できるようになりました。

source:Wooting two HE

入力量を徐々に増やしていくことができる。
これによって、普通のキーボードにはできないゆっくり歩く動作などが可能になる。

source:Wooting Two lekker

公式サイトのアナログ入力 参考動画

 

 

他社製品 アナログ入力キーボード

Razer Huntsman V2 Analog

2021年3月に発売されたRazerのアナログキーボード
アナログ入力の他にアクチュエーションポイントの設定とキープレス設定があります。
アクチュエーションポイントは1.5mm~3.6mmと幅が狭いです。

source:RAZER HUNTSMAN V2 ANALOG

Razer Tartarus Pro

「アナログオプティカルスイッチ」を搭載したRazer左手専用のキーボード
これもアクチュエーションポイントは1.5mm~3.6mm。
特徴的な部分は、8方向の入力が可能なサムパッドがあります。
キーとスティックの2つでアナログ操作が可能です。

source:Razer Tartarus Pro

東プレ REALFORCE108UH-ANLG

公式サイトREALFORCE 108UH-ANLG

モードが4つあって
・キーボードモード・マウスモード・ゲームコントローラモード・MIDIモードの4モードがある。

このキーボードは現在生産終了してて在庫がない状態。

作動点

・作動点(アクチュエーションポイント):0.1〜4.0mm
・キーごとに0.1mmごとに作動点の調整が可能。プレイスタイルに合わせて各キーをカスタマイズできます。

source:Wooting two HE

ラピッドトリガー

従来のキーボード
従来のキーボードのキーは設定された位置までキーを戻さないと再度入力ができないので高速連打ができない。

ラピッドトリガー
ラピッドトリガーは、キーを入力した距離やリセット距離が決められてない。
そのためキーのどこの位置でも高速連打が可能になる。※アクチュエーションポイントを浅くした場合

公式の説明
入力速度の次に遅い要素を排除します。繰り返しキーを押す移動時間。
ラピッドトリガーは、作動とリセットポイントをオンザフライで変更します。キーを押すとキーがアクティブになり、離すとキーがリセットされます。
固定のリセットポイントまたは作動ポイントを超えることなく、移動の任意のポイントで、モーションの途中でキーを押すことを繰り返すことができます。

source:Wooting two HE

source:Wooting Two lekker

 

注文方法

気になる人はこちらから予約購入できます。
Wooting two HE - Full-size analog keyboard
出荷予定日が2021年10月になってます。
気になる人は予約しとくといいですね。

 

まとめ

アナログ入力・ラピッドトリガー 機能があり、他のキーボードにはない機能がある。

日本国内での販売予定は今のところなし。

スイッチ押下圧 :60cNなので少し重め。

 

その他デバイス記事
【PS4・PS5】XIM APEX ・TITAN TWO 接続方法 図解で説明

続きを見る

【PS5におすすめ】BenQ XL2411K ゲーミングモニター FPS最強モニター

続きを見る

【マウス】ロジクール G304 ワイヤレス の軽量化が可能!【PIRANHA MOUSE MODS】

続きを見る

-キーボード, デバイス

© 2021 ユキのメモ Powered by AFFINGER5